プリウスの中古車の買い方を選び方から値引き商談までを解説!

プリウスの中古車の買い方を選び方から値引き商談までを解説!

 

プリウス購入を考えている方はついつい購入する事だけ気を取られて買いたい気持ちでいっぱいになってしまう方も多いかと思います。

新車がいいか未使用車もしくは中古車がいいかなどプリウスの種類も多くて何がいいかも迷います。

どのグレードにしたらいいか、初めて購入する方は選択の幅が多過ぎて戸惑うでしょう。販売店側がお客さんの車の使い道を考慮して、どのようなグレードを選択することが望ましいか提案をしてくれると助かりますよね。

車販売店側にはそのような親身になって車をチョイスしてくれる営業マンも中にはいると思いますが、親切丁寧だけで判断してはいけませんよ!

自動車販売店の営業の話すことを何でも聞いてると、あり得ない程大きい金額の車となってしまい、販売価格を目にしてビックリ…

なんてことも少なくありません。

まずはプリウス選びでの注意点と実際に役立つ商談方法や購入までの流れをこの記事で紹介しています。

この方法を知っていればプリウスをギリギリのラインまでに値引きをさせる事も可能です!

新車や未使用車中古車にしてもプリウスは安い買い物ではありません。

一生のうちにそう何度も車は購入する方は少ないでしょうが購入する先の販売店は違います、毎日お客さんと商談を重ねている営業マンのプロです!

その営業マンのプロとこらから大事な自分のプリウスを決めていくのですから最低限の知識は必要です。

何も知らなで飛び込んでいく行と、営業マンの格好の餌食にされてしまいます。

今回のこの記事では、どのように営業マンと商談したら値引きが最大限引き出せるのか!!

などの実践で役に立つ情報を載せています!

私が長年自動車業界で勤めてきた知識を公開しますのでしっかりと知識を身に付けてからプリウスを購入していきましょう!

上手な車のチョイス方法! 車種選びのポイントとは?

長い期間乗ることになる車だからこそ、車選びではデザインや値段も重要だと言えますが、そればかりで決断してしまうとあとになって気に入らない箇所が出て来ることも考えられます。

なので、ご家族構成・使用目的など自分の生活環境に注意して、購入後の維持費というものを勘定に入れた車選びが重要になります。

それに見合った目的が決まったら、いくつかプリウスのレビューやクチコミなどをチェックし、実際に試乗する車を決定することなどもポイントです。

販売店の選択

ディーラーは各自動車メーカーが運営を行う「正規ディーラー」、中古車買取・販売、メンテナンス工場といった「サブディーラー 」、などに分けられ、基本的には新車に関しては正規ディーラーを通じて購入する事となっています。

ディーラーが違えば販売価格・オプションの有るか無いかだったりに相違がある為、何社もの販売所を競い合わせることによって、同じ車だけどより安い価格で購入可能なケースがあります。

中古車を購入するなら中古車専門店なども今は多くありディーラーに負けないぐらいの大型店舗も多くなっています。しかし知名度だけで判断すると痛い目にあいますのでプリウス選びの本質的な部分で判断できるようにこれから説明してきます。

プリウスの値引き目指すところ

プリウスの購入時に値引きを得られるケースがあります。 値引きは「車両本体価格」「諸費用」「下取り価格」「オプション」などといった値引き価格を含めた最終的な金額で表示される事が多いので、どこの部分の中から値引きされているかを確認して、車両本体価格・諸費用・オプションのそれぞれの部分で値引きを行うことが大事です。

新車購入時に下取りを持っているのであれば中古買取店等の比較を行なうことによって、販売店による買取額を引き上げられることも出来ます。

営業マンに対する態度

プリウスの購入時に商談して頂く販売店の営業マンについては、購入後の手続き又はアフターサービスについても面倒を見てくれる機会が結構多いことから、可能であれば良好なつき合いを築くことが欠かせません。

営業マン側からしたら車を購入して頂くことが必須であるからこそ、お客さんサイドはついつい強きで値引き交渉または口調が強く発言をしてしまうこともありますけども、その様なお客さんとの間では買った後でもトラブルが生じる可能性を恐れ、営業マン側がわざわざ買えないような金額を出してくることもあり得ます。

営業マンは車販売のプロですから数多くの接客を経験してきていますので、「もう少し安い価格にすれば買いそうだ」「買った後も利用して頂けそうだ」といったように思わせる商談をしていくことによって、最大限の値引き価格で購入できる確率が高くなってくるのです。

下取り金額の上積み交渉

プリウスを購入する時に下取りをしてもらう時に、正規ディーラーでは査定額や買取時に料金が発生することがあるので、まずは買取専門店で無料査定を行い、概ねの金額をつかんだ状態で正規ディーラーにて値段交渉をスタートするというのが、格段にお買い得でプリウスを購入するポイントの一つと言えます。

さらには、新車の値段の駆け引きの時に下取りの話しを進めると下取り金額が値引き金額に含まれることがあるので、全体的な値引きが完了したら新たに下取りの話しを進めることなどもポイントです。

商談~契約~納車まで

購入するプリウスが確定したら実際に販売店で車の試乗・対話をして、値段交渉・下取り打ち合わせ・契約手続き・納車と、約1~2ヵ月をかけて行なっていくと思われます。

この間には通常3~5回くらいの商談を繰り返し契約日からおおよそ2~4週間後には納車となるでしょうが、1回目の商談時に購入を決断したり、希望納車日に対しての日にちが少ないケースだと、販売店側が値下げ金額を少なくした商談を行なってしまうこともあるので、余裕がある購入予定が大事になってきます。

プリウス価格交渉方法・初期

プリウスの購入時にポイントとなるところは「購入する意欲を話しつつも、詳しい情報を提供しすぎない」ことが重要になります。

初期段階から購入したい車種や購入希望の時期を素直に教えてしまったら、お店側に販売価格を下げずとも買ってもらえるお客さんと認識される事がありますので、商談の主導権を握られてしまいます。

プリウスが欲しいなどは営業には言わないようにして他の車にも興味があるようにして下さい。

「絶好の機会が合えばいつでも構わない」「他の業者のクルマが本命で決断できないでいる」などというような、販売店の対応の仕方を伺いつつ、初期の商談を進めて行きましょう。

見積書と内容の価格

ここでは、見積書についての詳細を納得することによって初めてプリウスを購入する方でも後悔しない価格交渉を実現可能なように、見積りの大事な点や必要経費のある場合とない場合について説明をしていきます。

車両本体販売価格

今後話をする多様な詳細を含めない、車本体の基本販売価格になります。

オプション販売価格

付属品本体価格には組み込まれない、その他オプションで買う部品のまとめた呼び方です。 車種やディーラーが変われば項目が違って、一部分のオプションは新車買った後の取り付け・取り外しが出来ないことになることから、購入前には内容を確認・検討することが必要不可欠です。

値引価格

初回見積書は値引き前の金額が多くあることにより、記載のないこともあり得ます。 しかし、本体やオプション価格がすでに値引きされていた価格で記されていた時に、それを上回る値引きが難しいことも考えられますので気を付ける必要があります。

自動車税

1年ごとに4月1日 時点で車を所有している全ての方に課される税金で、排気量と購入した時期によって金額が違います。 自動車取得税新車・中古車に関係なく車購入時に課される税金で、普通自動車・軽自動車等車の種類が違えば金額が違ってきます 。

自動車重量税

車の重さ次第で課される税金で、購入した時の他、車検時でも支払いが必要 になります。

自動車損害賠償責任保険

車購入した時に加入が義務化されている必要不可欠な保険で、普通自動車・軽自動車等の車の種類が違えば価格が異なります。自賠責保険に加入しなければナンバープレートの交付はされません。

納車費用

車を販売店から自宅まで届けて貰うケースで発生してくる費用で、販売店に引き取りに行けば不要になります。

登録代行費用

車のナンバー交付登録をディーラーに代わりにやって貰う時に発生してくる費用 になります。

車庫証明取得代行費用

陸運局への車庫証明申請をディーラーに代わりにやって貰う時に発生してくる費用で、自身ですれば不要になります 。

法定費用

陸運局に対する色々な登録手続き時に発生してくる法廷費用になります。ディーラーへの代行者有無に関係なく、必須で発生してくる費用 になります。

自動車リサイクル料金

新車購入時に必ず支払いが必要な費用です。最後は車を廃車にする方に支払い義務が生じることにより、下取りの時に払い戻されることもあり ます。

下取費用

ディーラーに下取車の査定を依頼をした場合に発生してくる「下取査定費用」「下取車手続代行費用」の合計金額 になります。

消費税

本体・オプション・代行費用等の、税金を含めない費用には消費税が必要です。

総支払額

上の記載で載せてきた金額を一緒にした、最終的な支払金額になります。

プリウス購入と諸費用の金額

前の記述においても伝えてきたとおり、プリウスの購入時においてはいくつもの諸費用が必要になってくるのです。

それらの中でも、税金や車検時に加わる定期的な費用は、車種・重量・排気量・車両本体価格などで大きく変わってくるものですから、購入後にどれくらいのコストが必要となってくるのかも、最初からチェックしておくということが購入後の車の維持管理において必要です。

また、上記で述べた費用だけじゃなく販売店での定期メンテナンスをお得に行なうパックプラン、任意加入保険・ロードサービスなどの付属品、実際の燃料代など色々な部分で費用が必要になってきますので、販売店で出された見積書を入念に確認した状態で、自分にマッチした最適なクルマを選ぶことが重要になるのです。

プリウスを買う前の試乗確認!

実際の試乗の前にいくつかの気をつける点を意識することによって、より意味のある試乗を行なえることになります。
まず大事なことが、訪問する販売店に試乗車があるのかの確認になります。

アポイント抜きで足を運んだ際、希望車種の試乗車が出払っている時など用意されていないということもありますから、前もって試乗予約を入れておきさえすれば間違いないです。

試乗では、加速・ハンドリング・使い勝手などの基本的な要素こと以外に、見える範囲の高さ・座り心地・メーターなどミラーの見易さ・室内などトランクの使い勝手・エンジン音などをチェックすることにより、購入後の違和感をとることができます。

それから、ご家族やもしくはお友達に同乗していただいて、運転とは違った角度からのアドバイスを求めるということも、満足の行くプリウス選びの大切な点になります。

プリウスの値引き交渉

中盤ほとんどの場合、一回目の商談後で営業マンから電話が掛かってきますため、スケジュールの指定を行ない二度目の商談にチャレンジしましょう。

その時、本命のメーカーは先送りにし、その他のメーカーの同じタイプ車種の商談を先に行なっておくということが値引きを上手に行う重要点です。

いくつかの車種で実際に決められないでいると暗示に繋げることによって、営業マンは自分の会社で車を購入してもらうことを狙ってこれまで以上に大きい値引きを行うようになって、そのおかげで最大限の値引きを達成することが出来るようなります。

競い合わせてお手頃価格で手に入れること!

プリウスの値引上での最も大きなポイントは「競いあわせる」ことが重要になります。
営業マンに初期段階から自分の会社の車が本命だと認識されてしまっては、最大限の値引きを可能にすることなど出来ません。

いくつかメーカーで思い迷っており、本命は別のメーカーであると見せかけることから、自分の会社で購入していただく為に営業マンは値引きを行ないます。

しかし、やたらに無神経な値引きは買った後のお付き合いが悪くなることもあり得ますので、適度な商談に臨むことが大事です。

プリウス価格交渉・大詰め

商談も大詰めに入り、販売店の値引き金額が限度に近くなってきたと感じ取れたら、購入したいメーカーとの最後の商談に入りましょう。

この場面でも肝心なのは、何だかんだ言ってもここ以外のメーカーと決めかねていると話すという点。それを踏まえて、これ以外のメーカーが相当な良い条件を提出して貰っていると気付かせることが欠かせません。

さらに、希望のプリウスが本命であると言い伝えてしまっているとしたら、同じ車種を扱うライバル会社と検討してると申告することによって、値引きをしてもらうことができることもあり得ます。
営業マンはあと一歩で購入してもらえることになったら最終的な値下げをしてきます。

それらの最終的な一声を誘い出し、可能なら店長のジャッジすらも頼むことによって、最大限の値引きを実現することができることになります。

プリウスの値引き金額のぎりぎりのライン

販売店によって違ってきますが、ほとんどは車体本体価格の10~30%が値引きのぎりぎりのラインだと言われています。

ここで大事になると考えられるのが「下取りの商談時期」になります。

交渉の早い場合に下取りのお願いをしてしまうとなると、値引き金額そのものが下取り金額を加味した金額として出てくるケースがあります。

なので、全ての交渉が完了して最後の総計が決定されるまでは中古買取店で検討してるなんて本質的な話しはしないで、交渉後でお願いをするということが重要な点です。

プリウス新車お手頃価格で手に入れられるタイミングとはいつ頃?

プリウスの新車をお手頃価格で購入するならば、3月・9月の決算の時期をターゲットにするといった方法も見られます。

ディーラーとしては売上台数が変わればメーカー側より報奨金が支払われますが、決算の時期にはメーカーが業績向上をお目当てに報奨金をアップすることにより、ディーラーでも販売台数を増加させる為に普通よりもお手頃価格で車を販売する割合が高いです。

さらには、ディーラーは月々決まった販売必達目標を抱えている為、必達目標達成の指標となる毎月15日ぐらいは、普通よりお手頃価格で手に入れられるケースがあります。

車購入・契約時に必要なもの

車購入の契約時には、「お金(カード・現金)」「印鑑証明書」「実印」が必要になります。 印鑑証明書の発行には区役所・市役所での印鑑登録・申請を要することから、購入の検討をはじめたら早いうち手配を開始しておくことで安心できると思います。

プリウスの購入で絶対ミスしたくない方が取る方法は?

プリウスの購入する場合は、お手頃価格で、クオリティが高い一台を手に入れたいと思いますよね。
しかしながら初心者からすれば、車両ごとに条件・状態が異なってくる中古車の中から一番よいプリウスを選ぶのは極めて難しいことです。

実際、中古車業界のなかには、状態が悪い売り物とか、かなり割高な車両も数多く含まれています。
ウソを言われず、高い品質のプリウスを手に入れることを望むなら、重要なポイントがあります。
それというのは市場に出回っていにない「限定的に公開される車両」に的を絞るやり方。

コストと効果のバランスが大きいプリウスには、何もいわずとも安易に販売できていきますから、公表されてアピールする必要はないのです。

チェックしてもヒットしない限定的に公開されるプリウスこそ、狙いどころというわけです。
実際のところ市場には出回らない、特別な「限定的に公開される車両」を最優先にご紹介してくれるサービスがあります。

お買い得なプリウスを購入したい方は、とにかく問合せした方が良いでしょう。
言うまでもなく利用する場合に費用は発生しないで非公開車両を探す事が出来ます⇒なびくる+

プリウスの中古車の買い方カテゴリの最新記事